「焼肉」VS「寿司」ダイエット中に食べるならどっちがいいですか?

おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

外食の定番といえば、焼肉と寿司ですよね。

でも、「焼肉と寿司、太りやすいのはどっち??」

「ダイエット中に行くなら焼肉食べ放題と回転寿司どっちが正解??」

そんな疑問をもったことはないでしょうか。

ここでは、焼肉と寿司のどっちが太りやすいのか、ダイエット中はどちらを選ぶべきなのかについてお伝えいたします。

あなたも、正しい選択をすることで、ダイエット成功がより確実になりますよ。

目次

1:「焼肉」VS「寿司」ダイエット中はどっちを選ぶべき?

2:ダイエット中に焼肉を食べる時の注意点

3:ダイエット中に寿司を食べる時の注意点

4:まとめ

1:「焼肉」VS「寿司」ダイエット中はどっちを選ぶべき?

結論は、しいていえば、焼肉になります。

理由は、脂肪燃焼の際に大量に必要となるカルニチンを多く含んでいるからです。

【食材中のL-カルニチン含有量mg/kg】
牛肉 1180
豚肉 274
鶏肉 80
マグロ 34
鮭 31
※Wikipediaより参照

体内で体脂肪を燃やす際には、ビタミンB群とカルニチンを大量に使うわけですが、焼肉には、そのひとつであるカルニチンが大量に含まれています。

中でも、牛肉はダントツですね(なので焼肉を食べる際にはダイエット中は牛肉がオススメになります)

もちろん、寿司が悪いわけではありません。

魚も肉と同じく、炭水化物の含有量がゼロに近いくらい少ない食べ物です。

お刺身をたくさん食べても、太ることはありません。

カルニチンの含有量の観点から、若干ではありますが、お肉のほうがダイエットには優れているということです。

肉の脂は大丈夫?

体内で脂肪に変わるのは、糖質のみです。

糖質を摂り過ぎた時に、脂肪として体内に蓄積されます。

肉の脂は、体内で脂肪に変わることはありません。

肉の脂は、細胞の材料になるものと、排出されるものに分かれます。

肉の脂で太ることはありませんのでご安心を(試しに焼肉を食べた翌日、体脂肪率を測ってみてください。体脂肪率が減っているのが分かるはず^^)

2:ダイエット中に焼肉を食べる時の注意点

ズバリ、お酒を一緒に飲まないこと!!

当然といえば当然ですよね。

脂肪燃焼に必要なカルニチン、筋肉量増加や基礎代謝アップに効果のあるタンパク質をお肉から摂取したとしても、お酒を飲んでいては、それが台無しになってしまいます。

その他、白米の食べ過ぎに気を付けるのはもちろん。

デザートのケーキやソフトクリームも、ダイエット中はNGです。

3:ダイエット中に寿司を食べる時の注意点

ズバリ、シャリは小さめにすること!

お寿司の白米は、酢飯の酢や砂糖、お酒などの糖質で味つけされています。

通常の白米よりも、太りやすいのです。

お寿司屋さんでは、シャリを少なめにお願いしましょう。

そうすれば、10貫前後食べても、太る心配はありません。

4:まとめ

「焼肉」VS「寿司」ダイエット中はどっちを選ぶべきかというと、しいていえば、焼肉になります。

ただし、ダイエット効果だけが全てではありません。

好きなほうを選んで食べて、ストレスを発散することもダイエットには大切です。

そうすることで、ストレスの蓄積からのドカ食いや過食を防げることもあるからです。

「焼肉」VS「寿司」双方のメリットデメリットを理解したうえで、どちらを食べるか選んでください。

食べるの好きな女性も、外食をたのしみながら、食事制限のストレスを抑えてダイエットに成功できますからね。

体重がドカンと落ちる食事制限のやり方は、ココにも書いています。