脈拍数を意識したウォーキングで、効率よくダイエットする方法

こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

ダイエットに効果的とされるウォーキング。

実は、がんばりすぎても、ラクすぎても、効果が出にくいって知ってましたか?

一番ダイエット効果が出やすい強度は「ちょっときつい」ゾーンです。

自分に合った「ちょっときつい」ゾーンを知っておきましょう。

あなたも、有酸素運動で、よりたくさんの脂肪が燃えるようになりますよ。

目次

1:一番ダイエット効果が出やすいウォーキング時の脈拍数は(220-年齢)×0.6

2:ウォーキング中に脈拍数(心拍数)を測る方法

3:まとめ

1:一番ダイエット効果が出やすいウォーキング時の脈拍数は(220-年齢)×0.6

一番ダイエット効果が出やすい脈拍数(心拍数)とは、一体どのくらいかというと、それはズバリ、

(220-年齢)×0.6

この式で算出される心拍数になります。

30歳の人であれば(220-30)×0.6=114拍/分

40歳の人であれば(220-40)×0.6=108拍/分

50歳の人であれば(220-40)×0.6=102拍/分

この状態でウォーキングをすることが、一番脂肪が燃える「ちょっときつい」ゾーンになります。

2:ウォーキング中に脈拍数(心拍数)を測る方法

具体的にどのように脈拍数(心拍数)を測ればよいかというと、中指、人さし指、薬指を揃えて手首内側(親指側)の脈がとれる部分に当て10秒間脈拍を数えてそれを6倍すれば1分間の心拍数が出ます。

ウォーキング中は、適度にこれをおこないましょう。

一番脂肪が燃える「ちょっときつい」ゾーンを維持しながら、運動を持続できるようになりますよ。

3:まとめ

ダイエットのウォーキングで結果を出すには、歩く速さ、歩く時間、実施タイミングなどさまざまな要素があります。

中でも、脈拍数は、非常に大切な要素です。

軽視せず、しっかりと意識したうえで、ウォーキングをおこないましょう。

たったこれだけで、脂肪燃焼が、最大になるのです。

あなたも、体重が、すいすい落ちるようになりますよ。

ダイエット効果の高いウォーキングの方法は、ココにも詳しく書いています。