自転車は痩せない!?【結論・痩せない理由・自転車ダイエットを成功させる方法】

おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

「毎日自転車通勤してるけど痩せない」

「ダイエットのためにクロスバイク買ってこいでるけど痩せない」

ダイエットのために自転車をこいでいるけど、なかなか結果に反映されない時ってありますよね。

そもそも、自転車で痩せることってできるの??

そんな疑問もわくことでしょう。

ここでは、自転車で痩せない理由と自転車ダイエットを成功に導く方法をお伝えします。

この内容を実践いただければ、自転車で痩せることが可能になります。

あなたも、日々のサイクリングが、もっとたのしくなるはずです♪

目次

1:【結論】自転車と適切な食事制限を組み合わせれば痩せる(だけど難易度は高い)

2:自転車で痩せない理由

3:自転車ダイエットを成功させるには?

4:まとめ

1:【結論】自転車と適切な食事制限を組み合わせれば痩せる(だけど難易度は高い)

自転車は、ランニングやエアロビクスなどの有酸素運動と比べ、消費カロリーが少ない運動種目になります。

【1時間あたりの消費カロリー】

1位 ランニング・ジョギング 1074kcal

2位 サッカー 937kcal

3位 水泳 892kcal

4位 クライムマシン(階段上がり運動) 819kcal

5位 バスケットボール・テニス 728kcal

6位 ローラーブレード 683kcal

7位 エアロビクス・ダンス 664kcal

8位 バドミントン・テニス・フットサル 466kcal

9位 自転車 440kcal

10位 ゴルフ・スキー・早歩きウォーキング 391kcal

11位 卓球 382kcal

12位 ヨガ 228kcal

※電動自転車の場合はさらに消費カロリーは少なくなります。

消費カロリーの多いランニングやジョギングを日々おこなうのなら、適度に食事をしながらでも痩せるでしょう。

しかし、消費カロリーの少ない自転車を選択するのでしたら、ある程度の食事制限は必須になります。

自転車×食事制限と組み合わせれば、痩せることは可能です。

2:自転車で痩せない理由

上記の消費カロリーでも説明したとおり、時間あたりに燃焼できる脂肪量が少ないのはもちろん。

運動強度が低い。一定期間継続していない。

など自転車で痩せないのにはさまざまな理由があります。

しかし、最も大きな痩せない理由は、この2つ↓

食べ過ぎ飲み過ぎ

自転車ダイエットに失敗するパターンで一番多いのが、コレ。

痩せるために自転車をがんばっていても、炭水化物や甘いものを食べ過ぎていては、痩せるはずがありません。

お酒も同様です。

痩せるために自転車をがんばっていても、日々お酒を飲む習慣があっては、痩せるはずがありません。

炭水化物やお酒は、食べ過ぎたり飲み過ぎると、体内で脂肪に変わってしまうからです。

自転車をこぐ時間が短すぎる

1日10分しか自転車をこがないなど、自転車をこぐ時間が短すぎてもダイエット効果は出にくいです。

自転車はただでさえ運動強度が低いですから。

ある程度長い時間持続してこぐことは絶対条件です。

少なくとも30分以上はこぎたいところです。

3:自転車ダイエットを成功させるには?

自転車も適切なアプローチができれば、痩せることは可能です。

今自転車で痩せるとがんばっているのでしたら、これを取り入れてみてください。

食事制限と栄養補給をおこなう

真っ先におこなうべきは、食事制限です。

炭水化物の食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎがあるのでしたら、まずはそれをストップしましょう。

その他、ビタミンやミネラルなどを栄養補給をしておくことで、有酸素運動時に体脂肪がより燃えやすくなります。

サプリメントや減量用プロテインも摂ると良いですよ。

自転車だけでなく他の運動も組み合わせる

前述のとおり、自転車は運動強度が弱すぎます。

オススメは、自転車やママチャリは、通勤や通学に使うだけにすること。

ダイエットのために、仕事終わりに夜、自転車運動をするという考えがあるのでしたら、その時間帯は別の運動を選択したほうがよっぽど効率的です。

ランニングやジョギングなど他の有酸素運動も良し。

スクワットやジャンピングランジなどの筋トレでもOK。

「自転車×他の運動」と組み合わせることで、ダイエット効果は一気に高まります。

4:まとめ

自転車は通勤や通学で使えるため「ながら運動」になり継続しやすいというメリットはあります。

しかし、ダイエットの運動としては、強度が弱すぎます、、

運動を自転車をこぐだけにすると、食事制限を組み合わせれば痩せますが、結果が出るまでに時間がかかるのはいうまでもありません。

「自転車×他の運動」

と組み合わせておこなうのをオススメします。

そのほうが、結果も早いし、ダイエット成功がより確実です。

お腹も、凹みます。

ウエスト回りも、スッキリします。

あなたも、体重が、もっとスイスイ落ちるようになりますよ。

自転車ダイエットでお腹を痩せるコツは、ココに具体的に書きました。