【ペアパーソナルトレーニング】2人一緒にダイエット習い事メニュー、弊社提携ジムでも実施可能となりました。詳しいご説明はこちら

ダイエットの運動は毎日やるべき?脂肪燃焼効果を最大にする運動の頻度とは?



こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

「ダイエットの運動は、毎日やったほうがいいの?」

「毎日やってもカラダには問題ないの?」

など、運動をするにあたっては、多くの疑問がありますよね。

ここでは、脂肪燃焼効果を最大にする運動の頻度について解説いたします。

あなたも、10kg以上の大幅減量をクリアできるようになりますよ。

目次

1:【結論】毎日やるべき。ダイエットの運動は、頻度が増えれば増えるほど効果的

2:スクワットやベンチプレスなど強度の高いフリーウエイト時には休息日も必要

3:まとめ

1:【結論】毎日やるべき。ダイエットの運動は、頻度が増えれば増えるほど効果的(体力レベルや運動強度にも左右される)

当然ですが、運動量、運動頻度が増えれば増えるほど、ダイエット効果はアップします。

可能であれば、毎日やるでべきです。

ただし、負荷のかるい運動に限ります。

自体重のスクワットや、ゆっくりとしたウォーキング、バランスボールを使った腹筋運動、ヨガなどであれば、毎日やっても問題ありません。

・激しい筋肉痛がこないこと
・体力的にも余裕があること

2点を満たしている場合には、なるべく毎日おこなうようにこころがけましょう。

2:スクワットやベンチプレスなど強度の高いフリーウエイト時には休息日も必要

ダンベルやシャフトを用いたフリーウエイトトレーニングを導入している場合には、休息期間が必要です。

お尻の大殿筋、太もものハムストリングスや大腿四頭筋、胸の大胸筋などの大筋群は、筋トレである程度の負荷がかかると、強い筋肉痛を引き起こします。

その場合には、筋繊維の損傷を回復させるための休息期間が必要です。

激しい筋肉痛に襲われるような運動をした場合には、休息期間が必要と覚えておきましょう。

3:まとめ

ダイエット成功のための最重要項目は、継続すること。

かるい運動を、毎日こなしてもよし。

キツイ運動を、休息日をつくりながらこなしてもよし。

上記をミックスして、すすめるのもOKです。

自分に合った、継続しやすいやり方で、運動に取り組みましょう。

続けることが、10kg痩せのような大幅減量達成につながりますからね。

ダイエットの運動については、ココでも詳しく解説しています。