新年あけましておめでとうございます。1月4日(月)より営業開始です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
オンラインパーソナルトレーニングも実施中!

ダイエットの大敵!甘いものがやめられない「スイーツ依存症」を抜け出す方法

こんばんは。八幡(はちまん)武人です。

今回は、ダイエット中のスイーツを、やめる方法についてです。

ストレスからスイーツのむさぼり食い、砂糖不足からの禁断症状がある女性は、要チェックです。

スイーツをやめるだけで、ダイエット効果がドカンと上がるのは、言うまでもありません。

ストレスも、かるくなります。

痩せるペースも、早まります。

あなたも、体重が、すいすい落ちるようになりますよ。

目次

1:ブドウ糖の摂取

2:強度の高い運動をする

3:たっぷりとした睡眠をとる

4:寂しさ、孤独、不安の解消

5:まとめ


1:ブドウ糖の摂取

白米、うどん、トーストなどの炭水化物を抜きすぎず、適度に食べるということです。

人間が甘いものが欲しくなるのは、たいがい、お腹がすいたときになります。

なので、適度にブドウ糖を摂って、お腹がすくのを予防するわけです。

「お腹すいたので甘い物が食べたい」という気持ちになった時には、遅い場合が多いです。

そうなる前に、予防するのです。

朝食に炭水化物を入れるだけでも、日中の空腹をかなり防げますよ。

2:強度の高い運動をする

食欲がなくなるほどの、激しい運動をするという意味です。

バドミントンを3時間おこなったり、フルマラソン大会に出場するのです。

終わった後には、食べる気力がなくなります。

ぐっすり、眠りについてしまうというわけです。

1日でも甘いものなしの日を作れると、2日、3日と継続しやすくなります。

甘いもの遮断。そのきっかけを、強制的につくる方法になります。

3:たっぷりとした睡眠をとる

実は、睡眠不足の状態では、甘いものへの欲求や性欲が高まることが研究からわかっています。

十分な睡眠を確保し、それを抑える方法になります。

いたってシンプルな方法ですが、寝ている間に禁断症状が起きるのを、覚悟しておく必要があります。

普段夜寝るのが遅くて十分な睡眠時間を確保できていない人は、最初の頃は、ぐっすり眠れません。

いわゆる、意識はあるけど目をつぶっている状態になります。

強烈な空腹感、イライラ、頭痛、吐き気なども、あなたを襲います。

それを覚悟して、休めるかどうかがカギを握ります。

最初の1日が強烈にツラく、2日目、3日目と、徐々にラクになっていきます。

十分な睡眠をとれた翌日には、不思議と、甘いものを食べないでも平気な感じになっているはずです。

4:寂しさ、孤独、不安の解消

仕事、育児、人間関係のストレスによる暴飲暴食。

寂しさ、孤独、旦那さまの帰りが遅いときに「不倫相手といるんじゃ・・・」などの強烈な不安。

そういったココロが不安定なときに、甘いものが欲しくなるのも女性です。

いち早く、その寂しいキブンを上向きにする必要があります。

夫婦関係をより良好なものにするために、旦那さまとコミュニケーションをとるのもよし。

信頼できるお友達に、悩み事を聞いてもらうのも良いでしょう。

時には、専門のカウンセラーに頼ってもいいかもしれません。

私でよければ、こんなサポートもやっています。

ココロの不安がスッキリするだけで、甘いものへの欲求がおさまります。

5:まとめ

かくいう私も、実は、スイーツ大好きで、一時、スイーツ依存症に陥っていました。

いろいろな方法を試しましたが、一番効果があったのは、3の「たっぷりとした睡眠をとる」でした。

個人差がありますので、どれが合うかは、人によって違います。

自分に合った方法を見つけて、ダイエットを成功させてくださいね。

「スイーツ依存症」を脱出するだけで、ダイエットの成功確率は、バツグンに上がります。

体重が、すいすい落ちるようになります。

あなたも、より確実に、ボディメイクに成功できるようになりますよ。

甘いものがやめられない人向けのサポートを、こちらでもおこなっています。

もしよろしければご覧ください。