階段昇り降りの消費カロリーは?痩せる階段昇降のやり方と消費カロリーの計算式です。

こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

細身の人とぽっちゃりの人の違いは、単純に食事量によるものだけではありません。

生活様式も、大きく関係しています。

「この差って何」の番組でも紹介された「駅のエレベーター・エスカレーターやめて階段生活わずか2週間で2キロダイエット」でもそれは明らかになりました。

実際に、ふだん全く歩かず、車社会の地域は、肥満率が高い傾向にあります。

電車通勤が多く、1日に歩く歩数が多い首都圏は、細い人が多いのも納得です。

では、エレベーターやエスカレーターをやめて階段生活にする場合の消費カロリーはどのくらいなのでしょうか?

ダイエットのための階段昇降運動における消費カロリーは?

など、階段登り降りにおける消費カロリーについて、ここではお伝えいたします。

目次

1:階段の昇り降りの消費カロリー

2:階段の昇り降りの消費カロリーの計算式

3:脚が細くなる階段昇降のやり方

4:まとめ

1:階段の昇り降りの消費カロリー

体重○○kgの人が階段の上り下りを5分行った場合の消費カロリーは、以下の通りです。

●体重40kgの人の場合
下りる 12 kcal
上る(ゆっくり)14 kcal
上る(速く)31 kcal

●体重50kgの人の場合
下りる 15 kcal
上る(ゆっくり)18 kcal
上る(速く)39 kcal

●体重60kgの人の場合
下りる 18 kcal
上る(ゆっくり)21 kcal
上る(速く)46 kcal

●体重70kgの人の場合
下りる 21 kcal
上る(ゆっくり)25 kcal
上る(速く)54 kcal

●体重80kgの人の場合
下りる 25 kcal
上る(ゆっくり)28 kcal
上る(速く)62 kcal

体重が重ければ重いほど、消費カロリーは大きくなります。

2:階段の昇り降りの消費カロリーの計算式

消費カロリー(kcal) は【メッツ×体重kg×運動時間×1.05】の計算式で求められます。

メッツとは聞きないれない言葉ですが、運動による消費エネルギーが、安静時の何倍にあたるかを示す値です。

メッツは厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」の数値が基準になっています。

そんなこと言っても、計算、ややこしいですよね。

大丈夫です。

こちらのサイトで、簡単に階段昇降の消費カロリーを算出できます。

3:脚が細くなる階段昇降のやり方(消費カロリーを大きくする)

脚を細くするには、階段昇降そのものの運動強度を上げれば良いのです。

そうすることで、下半身全体の筋肉を鍛えることができ、下半身痩せの効果がアップするからです。

・スピード
・運動時間
・歩幅

この3点を工夫することで、運動強度を高めることができます。

スピードに関しては、単純に、階段を登るペースを早めればOKです。

運動時間は、階段上り下りの時間を伸ばしましょう。最初は5分から始めて、10分、15分と伸ばしていくのです。

歩幅は、階段を登る段差のことです。可能であれば、2段上り、3段上りなど、段数を増やしましょう(下りは危ないので1段ずつで)

4:まとめ

階段昇降は、足痩せにも非常に効果があります。

怪我をしないよう、上り下りのフォームにも気をつけて、運動強度を工夫しながら行いましょう。

日常生活でも、階段を使うよう意識するだけで、下半身痩せの効果が高まります。

ほんの少し、ラクしたい気持ちを抑えるだけで、ダイエット効果がグンとアップするのです。

GET脚痩せ!

がんばって!

脚が細くなる運動のやり方は、ココでも詳しく解説しています。