キムチ鍋で痩せるって本当!?「鍋ダイエット」の効果的なやり方もご紹介♪

こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・九州No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

ダイエットを成功させるためには、食事制限は欠かせません。

しかし、食べない食事制限は、かなりきついですよね。

挫折しそうになっちゃいます。

そんな場合も、大丈夫です。

今回は、ダイエットに効果的なキムチ鍋をご紹介♪

食べるの好きな女性も、食事制限のストレスを抑えて、ダイエットに成功できるようになりますよ。

目次

1:キムチ鍋は痩せる!具材に豚肉を入れるのが痩せるための条件です。

2:キムチ鍋のダイエット効果とは?メリットをお伝えします。

3:まとめ

1:キムチ鍋は痩せる!具材に豚肉を入れるのが痩せるための条件です。

キムチ鍋は、工夫しだいで、ダイエットの強い味方となります。

ポイントは、具材。

糖質の代謝を促すビタミンB1、脂肪燃焼効果を高めるビタミンB2、この2つを多く含む具材を入れるのが痩せるための条件になります。

その夢のような具材は何なのかというと、それはズバリ、豚肉!!

豚肉には、ビタミンB群が豊富です。部位によって含まれるビタミンBが違いますので、ビタミンB1とB2を両方十分に補給できるよう工夫しましょう。

【ビタミンB1を多く含む豚肉部位(100g中のビタミン1含有量)】
・豚ヒレ肉(0.98mg)
・豚もも赤肉(0.96mg)
・豚ロース赤肉(0.80mg)

【ビタミンB2を多く含む豚肉部位(100g中のビタミン2含有量)】
・豚レバー(3.6mg)

豚肉に含まれるビタミンB群は、他の食材と比べても、圧倒的に多いです。

豚ヒレ肉、豚もも肉、豚ロースの中からどれかひとつ&豚レバーをキムチ鍋に投入しましょう。


これだけで、OK.

脂肪燃焼効果が、爆発的にUPします。

糖質の代謝も良くなるので、炭水化物を食べても体重が増えにくくなりますよ。

その他、キムチ鍋に入れるべき具材

・絹ごし豆腐
・たまご
・シイタケ
・エノキ
・ニラ
・白ネギ
・白菜
・玉ねぎ
・たまご
・キムチチゲ

豆腐やたまごなど、タンパク質がとれる具材を中心に、野菜類でビタミンもとるようにしましょう。

ここら辺は、通常の鍋と同じです。

好きな具材を入れてOKですよ^^

2:キムチ鍋のダイエット効果とは?メリットをお伝えします。

キムチ鍋に豚肉を入れることにより、脂肪燃焼効果アップ、糖質の代謝がスムーズになるのはお伝えしました。

それ以外にも、キムチ鍋には、うれしいメリットがたくさんあります。

栄養バランスの良い鍋で冷え性改善&美肌効果もアリ

お肉、お野菜、海鮮類、たまごなど、いろんな食材が入る鍋は、栄養バランス満点♪

体内で血行促進を助け、冷え性の予防や改善になるのと同時に。

美肌効果もアップ♪若返りも期待できます。

空腹を満たして夜食・間食の防止になる

深夜や間食にお菓子や甘いものが食べたくなるのは、空腹やストレスが原因。

鍋は、タンパク質やビタミンの食事が中心なので、多少食べ過ぎても太る心配はなし。

お腹を満たすことで、深夜の過食予防、間食防止につながります。

食事制限のストレスを抑えて体内の活性酸素の発生を抑える

ストレスを感じると、体内え活性酸素が大量発生します。

活性酸素は、老化の原因と言われると同時に、体内で脂肪細胞を破壊し、脂肪燃焼を邪魔する悪い働きがあります。

好きな人とたのしく鍋を囲むことは、ストレス緩和になり、活性酸素の発生を抑えてくれます。

よりスムーズに、脂肪が燃えるようになるのです。

3まとめ

キムチ鍋は、豚肉を具材に入れるだけで、一気にダイエット鍋に変身します。

他の具材の種類は少なくてもいいですが。

豚肉だけは、必ず入れるようにしましょう。

たったこれだけで、脂肪燃焼効果が爆上がり♪

痩せやすい体質にかわります。

体重も、落ちやすくなりますからね。

あなたも、食べながら、もっとカンタンに痩せれるようになりますよ。

ダイエットの食事メニューは、こちらでも詳しく紹介しています。