縄跳びは有酸素運動ですか?無酸素運動ですか?

こんばんは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

縄跳びは、手軽にできる運動として、今でも一定の人気があります。

でも、この縄跳び、「有酸素運動?」「無酸素運動?」って、疑問に思ったことはないでしょうか?

ダイエットのために縄跳びをしているのでしたら、ぜひ知っておきたいところです。

縄跳びのやり方次第でも、脂肪燃焼効果に大きな差がつきます。

あなたも、縄跳びを上手におこなうことで、体重がスイスイ落ちるようになりますよ。

目次

1:【結論】縄跳びは有酸素運動です。

2:縄跳びダイエットのおすすめのやり方(跳ぶ時間や実施タイミングが重要)

3:まとめ

1:【結論】縄跳びは有酸素運動です。

低負荷で長時間続けておこなえる運動を、有酸素運動と呼びます。

縄跳びは、その典型です。

やろうと思えば、5分でも、10分でもおこなえるはずです。

5分以上持続できるのであれば、明らかな有酸素運動となります。

(厳密には、1分以上持続できれば有酸素運動の部類に入ります)

一方、無酸素運動は、高負荷で短時間しか持続できない運動のことを指します。

100kgのウエイトをかついだスクワットなどが、それにあたります。

2:縄跳びダイエットのおすすめのやり方(跳ぶ時間や実施タイミングが重要)

ダイエットのためには、縄跳びの時間やタイミングが重要です。

休憩をはさみながら、またエア縄跳びでも良いので、20分以上はおこないたいところです。

朝ごはん前、夕ごはん前の食事前の空腹時におこなうのも大切なポイント♪

空腹時には、体内の脂肪をエネルギーとして利用するからです。

20分以上、食事前の空腹時におこなうことで、ダイエット効果の高い有酸素運動となります。

3:まとめ

「縄跳びダイエット」という言葉もあるくらい、縄跳びは、ダイエットに大変有効な運動のひとつです。

ウォーキングやジョギングよりも、縄跳びのほうが、時間あたりのエネルギー消費量も高いです。

手軽におこなえるうえ、ダイエットにも効果的って、うれしいですよね。

ぜひ、普段の生活で取り入れてみてください。

縄跳びダイエットで見た目を細くするやり方は、ココでも詳しくお伝えしています。