ダイエットの朝ごはんに「おにぎり」はアリ!?炭水化物を食べても痩せれるの?

おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

「朝に炭水化物を食べても痩せれるの?太らない?」

「ダイエットの朝ごはんに、おにぎりはアリなのかどうかを知りたい」

など、朝食に炭水化物を摂るのに、少し抵抗をお持ちの人も少なくないかもしれません。

ご安心ください。

「おにぎりダイエット」という言葉もあるくらい、朝ごはんにおにぎりを食べるのは、ダイエットにも非常に有効なのです。

ココでは、その理由と、さらにダイエット効果がアップするおにぎりの食べ方をお伝えします。

白米が好きな女性も、食事制限のストレスに苦しまずに、ダイエットに成功できますよ。

目次

1:ダイエットの朝ごはんにおにぎりはアリ!その理由とは?

2:朝におにぎり(炭水化物)を食べても痩せれるの?太らない?

3:朝はいおぎりだけでもいい?⇒焼き魚・納豆・味噌汁などを追加すると栄養バランス最高のダイエット食になる

4:まとめ

1:ダイエットの朝ごはんにおにぎりはアリ!その理由とは?

私たちのカラダは、寝ている間に、脳や内臓機能が休まっていて、起床直後はうまく働かない状態になっています。

起きてすぐは、頭がボーっとするはずです。

体温も寝ている間に下がってしまうので、朝起きてすぐは、低体温になっています。

脳、内臓、体温、これらすべてを一気に高める栄養素が、ブドウ糖。おにぎりに多く含まれる栄養素ですね。

朝にブドウ糖(おにぎり)を摂ることで、脳、内臓機能、体温の全てを高めることができるのです。

えッ!?

「脳、内臓機能、体温とか高めたところで、ダイエットに何の効果があるの?意味わかんない」

そう思いますよね。

実は、人間の基礎代謝には、筋肉だけでなく、脳、肝臓、心臓、腎臓といった内臓機能が大きく影響しています。

脳、肝臓、心臓、腎臓といった内臓機能を高め、体温をアップさせることは、脂肪燃焼効果をバツグンに高めるのです。

日中の基礎代謝がドカンとアップし、1日で燃やせる脂肪の量が増えるのです。

それを叶えるのが、おにぎりというわけですね。

2:朝におにぎり(炭水化物)を食べても痩せれるの?太らない?

口から体内に入ったブドウ糖(おにぎり)は、筋肉と肝臓の中に蓄えられます。

そこから、運動するときのエネルギーとして、お仕事で考え事をするときの脳のエネルギーとして、使われます。

(車でいうガソリンと思えばイメージしやすいかと思います)

筋肉と肝臓の中に蓄えきれないくらいの大量のブドウ糖(おにぎり)が体内に入ってくると、あふれた分が脂肪になります。

しかし、筋肉と内臓の中に蓄えられる分のブドウ糖量(おにぎりの量)であれば、摂っても太ることはありません。

体格にもよりますが、おにぎり1個(白米150g)程度あれば、食べても太る心配はありません。




朝食抜きにするのとおにぎりを食べるのではどちらが良い?

圧倒的に、おにぎりを食べたほうが良いです。

おにぎりには、1で述べた基礎代謝を高める以外にも、たくさんのうれしい効果があるからです。

そのひとつは、腹持ちがよく、空腹を防いでくれること。

日中の空腹を予防して、お菓子の間食やドカ食いを防ぎます。

脳も働くようになることから、仕事中のミスや忘れ物も減ります。

空腹を防ぎ、間食を予防し、仕事のストレスから夜の暴飲暴食を止めるためにも、朝のおにぎりは最高なのです。

日中お腹がすいてついついつまみ食いする傾向がある女性は、たいがい朝のエネルギー不足になっています。

朝におにぎり1個たべるだけでも、だいぶ変わりますよ♪

3:朝はおにぎりだけでもいい?⇒焼き魚・納豆・味噌汁などを追加すると栄養バランス最高のダイエット食になる

おにぎりに、焼き魚、納豆、味噌汁などを追加すると、栄養バランス最高のダイエット食に変わります。

ヘルシーな「和食」ですね。

和食は、五大栄養の、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが全て摂れる、ダイエットにも最適な食事スタイルです。

筋肉や血液の素になりダイエット中とくに欠かせないタンパク質を、焼き魚、納豆などで補給することができます。

味噌汁や具材の豆腐・ワカメ・なめこ・しじみなどで、ビタミンやミネラルもそろえれば、健康や美容にも最高です。

コンビニでおにぎりを買うなら鮭・卵・牛焼肉・鶏そぼろ・肉味噌などが入っているおにぎりを選ぼう

寝坊した日やお子さまの送迎で忙しく、朝ご飯をゆっくり食べる時間がない場合には、コンビニで済ませることもあるでしょう。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどコンビニでおにぎりを買うなら、鮭、卵、牛焼肉、鶏そぼろ、肉味噌などが入っているおにぎりがオススメです。

ダイエットに必要なタンパク質が摂れるからですね。

なるべくは健康的な和食ですが、それができないときも、少しでもダイエットの意識をもって行動するように心がけましょう。

4:まとめ

朝に炭水化物を摂ることは、悪どころか、ダイエットにとって良いことだらけです。

基礎代謝アップ、脂肪燃焼効果アップ、空腹予防、間食防止、筋肉量減少を防ぐことにもつながります。

おにぎりも、食べる量をしっかり守れば、太る心配はありません。

「朝ごはんを抜きにして1分でも長く寝たい」

「朝はねぼけていて食欲がわかないんです」

そんな日もあると思いますが、おにぎり1個でもかまわないので、朝はしっかり食べるように心がけましょう。

あなたも、朝におにぎりを食べることで、ダイエットがもっとうまくいくようになりますよ。

白ごはんが好きな女性にとって、こんなうれしいことってないですよね♪

ダイエット効果がUPする朝ごはんについては、ココにも詳しく書いています。