【ペアパーソナルトレーニング】2人一緒にダイエット習い事メニュー、弊社提携ジムでも実施可能となりました。詳しいご説明はこちら

痩せるためのタンパク質の摂り方とは?たんぱく質を多く含む食品と1日の必要摂取量について

おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

一般的に女性は、男性よりも痩せにくく、ダイエットに時間がかかると言われます。

それは、皮下脂肪が多く、ホルモンの関係で筋肉もつきにくいから。

リバウンドのしやすさも、女性のほうが圧倒的に高いです。

それらを全て解決してくれるのが、たんぱく質。

女性のダイエットの、救世主ともいわれる存在です。

ここでは、そのたタンパク質のダイエット中の摂り方、痩せるために必要な量、食事メニューを紹介します。

あなたも、確実に、痩せるようになりますよ。

目次

1:たんぱく質を多く含む食品

2:痩せるためのタンパク質の必要摂取量

3:痩せるためのたんぱく質中心の食事メニュー一例

4:ダイエット中のたんぱく質は摂りすぎにも注意

5:まとめ

1:たんぱく質を多く含む食品

お肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)



お魚類



大豆製品(豆腐、納豆)



乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)



たまご


2:痩せるためのタンパク質の必要摂取量

1日あたり体重グラムのたんぱく質摂取が必要です。

例えば、体重60kgの女性であれば、1日最低60gのたんぱく質が必要になります。

自分の体重から、1日に必要な量を計算してみましょう。

【食品100g中のたんぱく質含有量】

・牛肉サーロイン 22g
・牛肉ランプ 21.6g
・豚肉ロース 22.7g
・豚肉もも 22.1g
・納豆 16.5g
・豆腐 7g
・牛乳 3.3g
・ヨーグルト 3.6g
・たまご 12.3
・うずらの卵 12.6g

あら、ビックリ!

かなりの量が必要になるとお分かりいただけたかと思います。

3:痩せるためのたんぱく質中心の食事メニュー一例

冷しゃぶサラダ



肉巻きたまご



豆腐ハンバーグ



すき焼き



焼き鳥



お寿司



などなど。

えッ!?コレも食べていいの?

と思うものもあったと思います。

そう、たんぱく質を含んでいる食材って、結構多いのです。

ダイエット中の食事制限も、知識があるだけで、だいぶラクになりますよ。

4:ダイエット中のたんぱく質は摂りすぎにも注意

たんぱく質は、摂りすぎると、腸内の善玉と悪玉のバランスを崩す要因に。

すると、便秘になってしまいます。

食べ過ぎは男性に多いですので、気を付けましょう。

女性は、食べすぎかな?と思っても足りない場合が多いので、そこまで気にする必要はないですね。

5:まとめ

たんぱく質をしっかり摂ることで、筋肉量、血液量、基礎代謝アップまで叶います。

リバウンド防止にもなりますよ。

ダイエットに、うれしいことだらけ。

不足しないよう、しっかり摂ることを心がけましょう。

ダイエットの成功確率も、グンとアップします。

あなたも、スリムな、スレンダーガールになれますからね。

こちらでもダイエットの食事について詳しく書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です