1ヵ月で3キロやせる♪(無料)10日間メールダイエットのご登録はこちら

間違った筋トレは逆効果!ダイエットの腹筋・スクワットは正しいフォームでおこなおう。



こんばんは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

お腹まわりの引き締めや、下半身痩せに欠かせない筋トレ。

しかし、独自の方法で行っている人も多いもの。

「毎日、たくさんやっているのに効果が上がらない・・・」

そんな場合には、間違った方法で行っているのかもしれません。

今回は、筋トレで確実に痩せる方法を紹介します。

あなたも、もっとカンタンに、痩せるという結果が手に入りますよ。

目次

1:筋トレで痩せるために最重要は「正しいフォーム」

2:間違った筋トレはダイエットに逆効果!

3:まとめ

1:筋トレで痩せるために最重要は「正しいフォーム」

筋トレで最大のダイエット効果を得るために一番大切なことは、一体ぜんたい何なのかというと、それはズバリ、正しいフォームで筋トレをおこなうことです。

腹筋運動も、正しいフォームでおこなうことで、お腹の腹直筋や腹斜筋といった筋肉を正確に鍛えることができます。

スクワットも、正しいフォームでおこなうことで、お尻の大殿筋や太もものハムストリングスといった筋肉を正確に鍛えることができます。

狙った筋肉を正確に鍛えることで、その部位が引き締まりやすくなるのです。

基礎代謝も上がって、体脂肪も落ちやすくなりますよ。

2:間違った筋トレはダイエットに逆効果!

腹筋運動を間違ったフォームでおこなうと、お腹の腹直筋や腹斜筋に効かないだけでなく、腰や首や尾底骨を痛めてしまいます。

スクワットを間違ったフォームでおこなうと、お尻の大殿筋や太もものハムストリングスに効かないだけでなく、腰や膝や股関節を痛めてしまいます。

筋トレを間違ったフォームでおこなうと、ダイエット効果を得られないどころか、やればやるだけ、むしろマイナスになってしまうのです。

筋肉ではなく骨に負荷が集中するため、やればやるほど、首、腰、膝の関節が悪い方向へ変形していきます。

結果、血管もねじれて血流が悪化し、正常に脂肪燃焼機能が働かないカラダになってしまうのです。

「筋トレをやればやるほど効果が得られる」と思いがちですが、全くそのようなことはないので気をつけましょう。

3:まとめ

筋トレの実施頻度、回数、セット数、休息時間などを気にするのは、正しいフォームでおこなえるようになってから後のお話しです。

まず、正しいフォームで筋トレができないことには、何も始まりません。

日本人は、学校生活の中で、部活の練習すればするほど上手くなる。勉強すればするほど頭が良くなる。と教育されているため、筋トレもやればやるほどダイエット効果が上がると思いがちですが、そんなことはありません。

重要なのは、正しいフォームで反復練習をおこなうことです。

量を積み重ねるのも、その後の話ですね。

正しい手順で、筋トレに取り組みましょう。

あなたも、ダイエットが、もっとうまくいくようになりますよ。

筋トレで確実に痩せる方法は、こちらでも詳しく解説しています。