【ペアパーソナルトレーニング】2人一緒にダイエット習い事メニュー、弊社提携ジムでも実施可能となりました。詳しいご説明はこちら

【初心者向け】ダイエットのプロテイン、何で割ったらいい?飲み方を初歩の初歩から教えます。



おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

「プロテインの飲み方、何で割ったらいいの?」

「1回の分量は?」

など、初めてプロテインを飲む場合には、分からないことがたくさんありますよね。

大丈夫です。

初心者でもわかりやすいように、プロテインの飲み方を徹底解説いたします。

あなたも、自分に合った、プロテインの飲み方がわかりますよ。

おいしく飲むことで、継続もしやすくなりますからね。

目次

1:割る準備、まずはプロテインシェイカーを用意しよう。

2:ダイエット中のプロテインの飲み方・何で割ったらいい?

3:【番外編】プロテインの摂り方

4:まとめ

1:割る準備、まずはプロテインシェイカーを用意しよう。

プロテインを割るためには、シェイカーが必要になります。

ザバス、ウィダー、DNSといったスポーツメーカーが、それぞれプロテインのシェイカーを販売しています。

ドラッグイレブン、マツモトキヨシなどのドラッグストアに売っていますので、まずはそれを購入しましょう。

もちろん、シェイカーをすでにお持ちなら、それを使ってOKです。

2:ダイエット中のプロテインの飲み方・何で割ったらいい?

ダイエット目的ではなく、筋肉量アップや増量目的であれば、ジュースや好きな飲み物で割るのもオッケーです。

しかし、ダイエット中は、余分な糖質や脂質の摂取を抑えなければなりません。

割れるものの種類も限られてきます。

ダイエット中もOKのものを、順にみていきましょう。

定番は、なんといっても水。

ぬるい水よりも、冷たい水で割ったほうがおいしく飲めます。

水の分量は、基本的にはプロテインの袋に記載されている分量でオッケーです。

ただし、味が濃い場合には水を多くしたり、味が薄い場合には水を少なくするなど、自分の好みで調整しましょう。

プロテインの粉末を摂取することが目的なので、それが達成できれば、水の分量は多くても少なくてもかまいません。

1回のプロテインの分量については、こちらに詳しく書いています。

1回の分量は?1日の必要量は?ダイエット中のプロテイン、正しい飲み方を教えます。

自分がおいしく飲める量に調整しましょう。

洗いものを出したくない、時間効率よくプロテインを飲みたいという、できる社会人の人には、とっておきの方法もございます。

それは、500mlペットボトルの水の中でプロテインを割って、それをそのまま会社に持っていくという方法です。

こうすれば、飲んだ後、洗わずにそのまま捨てることができます。

プロテインはたんぱく質のため、繰り返し飲むとシェイカーにもにおいがつきやすくなりますが、それも予防できます。

牛乳(できれば低脂肪乳がおすすめ)

牛乳で割るメリットは、プロテインのタンパク質に加えて、牛乳のタンパク質やカルシウムも同時に摂取できること。

ただし余分な脂肪も摂取してしまう可能性があるため、できれば低脂肪乳がオススメです。

ホエイプロテインは、牛乳と相性が良いことが多いです。ご参考までに。

豆乳

豆乳も、牛乳と同様、タンパク質をプラスで摂取できるというメリットがあります。

いろいろな味がついている豆乳がありますので、どの味がプロテインと合うかを試してみても良いですね。

あなた好みのブレンドが、きっと見つかるはずッ

大豆ベースのソイプロテインは、豆乳と相性が良いことが多いです。

3:【番外編】プロテインの摂り方

プロテインは、粉末がとれればオッケーなわけです。

その他は、自由にアレンジしてOk.

ドリンクで飲むのが苦手な場合は、ちょっと変わった摂り方もありますので参考までに。

・プロテインゼリー

水、牛乳、豆乳などで割ったプロテインにゼラチンを加えてゼリーにします。おやつ感覚で食べれます。

・ヨーグルトにかけて

直接ヨーグルトにふりかけるのもOK.置き換えダイエットの朝食にも向いています。

・シャーベットまたはかき氷

水、牛乳、豆乳のいづれかで割ったプロテインを凍らせて、かき氷にするのもアリ。暑い夏にはいいかも♪

4:まとめ

プロテインを上手に飲むと、ダイエットの成功確率は、グンとアップします。

そのために大事なのが、継続すること。

プロテインを継続するためにも、味はとても重要です。

自分に合ったおいしい飲み方を見つけてくださいね。

ボディが引き締まるペースも、早まります。

あなたも、見た目が、別人のように細くなりますよ。

ダイエットのプロテインについては、ココでも詳しく解説しています。