朝ごはんをコーヒーだけにすると痩せる?【結論】と朝コーヒーのメリットもお伝えします。

おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

「朝はギリギリまで寝ていたい」「1週間で痩せたい」などの理由で、朝食をコーヒーだけで済ませることってありますよね。

ダイエットをするうえで、これは正しいのか。

ココでは、朝ごはんをコーヒーだけにすると痩せるのかどうかと、朝にコーヒーを飲むメリットについてお伝えいたします。

あなたも、コーヒーを上手に飲むことで、ダイエットがもっとうまくいくようになりますよ。

目次

1:朝ごはんをコーヒーだけにすると痩せる?【結論】痩せないです。

2:朝ごはんをコーヒーだけにした40代女性の体験談

3:朝コーヒーのメリット

4:朝「コーヒーダイエット」のおすすめのやり方

5:まとめ

1:朝ごはんをコーヒーだけにすると痩せる?【結論】痩せないです。

朝は、前日の夜ご飯から8~10時間以上空いているので、かなりの空腹状態になっています。

その時に朝ごはんをコーヒーだけにするのは、明らかな栄養不足です。

極端な言葉を使うと、飢餓状態に陥ってしまうわけです。

すると、日中の活動で使うためのエネルギーが無いため、体内でタンパク質分解(筋肉量減少)が進行してしまいます。

体重は落ちるかもしれませんが、これはタンパク質分解で筋肉量が減少しただけです。

体脂肪が落ちないので、見た目は全く痩せないどころか、太って見えるようになってしまいます(左図)

↑仮に体重65kgの人が朝ごはんをコーヒーだけにして60kgまで痩せたとしても、左図のような体型になってしまうのです。

(ガーン)

体脂肪を落としながらキレイに65kgから60kgまで痩せた人(右図)と比べると、体型の差は一目瞭然です。

朝食をコーヒーだけにして体重を落としたとしても、筋肉量が減っただけなので、リバウンドの危険性も非常に高くなります。

すぐに、元の体重の65kgに戻ってしまうというわけです。

朝ごはんをコーヒー「だけ」にするのはデメリットが大きいので、ダイエット中はおすすめできません。

確実に日中お腹が空くので、間食に甘いものが欲しくなったり、空腹の反動で夜にドカ食いに走りやすくなるなど、リバウンド以外にもデメリットが非常に大きいです。

2:朝ごはんをコーヒーだけにした40代女性の体験談

ご自身が半年でー7キロのダイエットに成功した事例をもとにダイエット指導をされているさいとうよしみさんのお客様は、朝ごはんをコーヒーだけにした結果、こうなったそうです。

40才を過ぎたら
太りやすくなって

体重がどんどん
増えるので
朝ごはんを食べ過ぎているからかもと

朝ごはんをコーヒーだけに
してみたんです。。。

お腹が空いて
お昼までひもじいなーと思いながら

コーヒーを何倍も飲んで
過ごしていました。。。

1週間やってみたのですが。。。。

全く痩せませんでした!!!!(汗汗汗汗)

※40代からお腹痩せ!美腹ンスダイエット(ビバランス)さいとうよしみ【東京】さんのブログより引用

あらら、、、

コーヒーはカロリーがないから絶対痩せると思っていたのに、体重が全然減らなかったそうです。

ダイエットは、ただ単純に、食べる量を減らせば良いというような単純なものではないというのが分かりますよね。

3:朝コーヒーのメリット

ここまでは、朝ご飯をコーヒーだけにするデメリットばかりお伝えしてきました。

しかし、コーヒーそのものには、メリットもたくさんあります。

・目覚めが良くなる(カフェイン作用により)
・ココロが落ち着く(珈琲の味や香りにより)
・免疫機能強化(ポリフェノールが心臓病・脳卒中・呼吸器疾患の死亡リスク低下につながるという研究データアリ)

などなど。

朝ごはんをコーヒー「だけ」にするのが良くないのであって、コーヒー+他の食べ物と組み合わせると、すばらしい飲み物になるのは間違いありません。

4では、朝「コーヒーダイエット」の具体的なやり方についてお伝えします。

4:朝「コーヒーダイエット」のおすすめのやり方

コーヒーは、摂り方次第では、朝に最高の飲み物となります。

ダイエット中は、こんなふうに飲むように心がけましょう。

コーヒー+サンドイッチのように食べ物と組み合わせる

朝にコーヒーを飲む場合は、食べ物と組み合わせるのがオススメです。

そうすることで、コーヒーのメリット(目覚めが良くなる・ココロが落ち着く・免疫機能強化)だけを教授できます。

スターバックスやタリーズコーヒーなどのカフェでは、ドリップコーヒー+サンドイッチメニューにすると良いわけです。

食事中or食後にブラックコーヒーを飲む

ダイエットが目的の場合、朝食を食べている途中や朝食後にブラックコーヒーを飲むのが理にかなっています。

食事中は血糖値が上昇してくるので、珈琲を飲むことで血糖値の急激な上昇を抑えられるからです。

肥満ホルモンと呼ばれるインスリン(体内にエネルギー利用されず残った炭水化物を脂肪として蓄えるように働きかける物質)の過剰分泌を抑えられるのです。

ホットで飲む

ホットで飲むことで、体全体が温まり、血行促進につながります。

アイス・ホットどちらでも良いという場合は、なるべくホットで飲むようにしましょう。

インスタントよりもドリップしたものを選ぶ

珈琲は、インスタントよりも、ドリップしたもののほうが脂肪燃焼に役立つカフェインやクロロゲン酸を多く含んでいます。

朝時間がない場合はインスタントコーヒーや缶コーヒーでも良いですが、なるべくはドリップしたコーヒーにしましょう。




PS

当然ですが、ダイエット中は砂糖やクリームを入れるのはNGです。

砂糖を入れることで血糖値の急激な上昇につながり、余分な脂肪分を体内に入れてしまうことになるからです。

ミルクが欲しい場合は無脂肪牛乳を。コーヒーに何かひと足ししたい場合は、ココナッツオイルを少量入れる程度にとどめましょう。

5:まとめ

朝のコーヒーは、眠気を覚まし気分をスッキリさせ、1日の良いスタートを切るのにも適しています。

事実、私もよく飲んでいます笑

朝にコーヒー「だけ」にするのが良くないのであって、普段の朝食と組み合わせると、最高の飲み物になるのは変わりありません。

ぜひ、今日から、コーヒーを上手に活用してください。

ココロが、落ち着きます。

ストレスも、減ります。

あなたも、毎朝良い気分で1日をスタートすることで、ストレスからの暴飲暴食が減り、ダイエットがもっとうまくいくようになりますよ。

ダイエットにおすすめの朝ごはんメニューは、ココに書いています。