ランニングだけではお腹は痩せないのでしょうか?ビール腹を凹めて腹筋を出す方法

こんばんは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

突然ですが、ダイエットのためにランニングをしていると、こういったお悩みって出てきますよね。

Q.30代前半の男性です。
1日6キロ(時間は40分くらい)のジョギングを週に5日ほど続けて、
178センチで体重73キロ、体脂肪率22%くらいであったのが、
体重70キロ、体脂肪率18%くらいになりました。
これで体重的には標準かそれ以下で体脂肪率も極端に高くは無いと思うのですが、
お腹周りの脂肪が全くといっていいほど取れてないのです。
ですから服を着てれば痩せてるくらいにも見えますが、服を脱いだらお腹はポッコリ、
さらに胸板も薄いので、とっても情けない体型です。。
以前、有酸素運動で体脂肪率を減らせば腹筋も浮き出てくる、という話を聞いた事があったのですが
自分のお腹を見ると、ジョギングを始めた頃とほとんど変わってない様に見えるのですが(汗)
お腹周りを引き締めるには、腹筋等の筋力トレーニングも併用していかないとダメなのでしょうか?
是非アドバイスを頂きたいです。
宜しくお願い致します。

体重73キロ⇒70キロに。

脂肪率22%⇒体脂肪率18%に。

体重と体脂肪率は減っているのに、お腹だけ痩せないのです。

なぜーーー!?

って、なっちゃいますよね。

ここでは、お腹がやせない原因とランニングでお腹を痩せる方法をお伝えします。

あなたも、腹筋が割れた、カッコいいカラダになれますよ。

目次

1:ランニングでお腹が痩せない原因

2:ランニングでお腹やせを成功させる方法

3:お腹ダイエットに腹筋は有効か?

4:まとめ

1:ランニングでお腹が痩せない原因

ランニングダイエットで痩せない原因は、お酒の飲み過ぎ、甘いものの食べ過ぎ、走る距離が短いなどさまざまなものがあります。

しかし、今回のケースでは、体重と体脂肪率は落ちているわけです。

お酒の飲み過ぎ、甘いものの食べ過ぎ、走る距離が短いなどが原因であれば、全身の体重と体脂肪率も減りません。

体重と体脂肪率は落ちていることから、やっている運動メニューと食事メニューは間違っていないと断言できます。

「体重と体脂肪率は落ちている。太ももや腕も細くなっているのにお腹だけ痩せない」

↑今回はこのケースに絞って、ランニングをしてもお腹が痩せない原因についてお伝えしますね。

継続期間が短すぎる

カラダの部位によって、痩せるまでの期間が違います。

例えば、ランニングやジョギングなどの有酸素運動で一番早く痩せるのは、足、腕、顔などの体の末端部位です。

痩せるのが一番遅い部位が、お腹回りなどの体の中心部分です。

つまり。

ランニングでお腹がやせないとお悩みの場合は、第一に、実施期間が短すぎる可能性が考えられます。

睡眠不足⇒内臓代謝の低下

人のカラダは、筋肉よりも内臓で多くの脂肪を燃やすって知ってましたか?

基礎代謝のうち、肝臓、脳、心臓、腎臓などの内臓代謝の合計が、実に58%を占めています(下図)

中でも腹筋は、筋肉が小さく面積も狭いため、おなか痩せのためには内臓代謝の働きがとても重要になってきます。

睡眠不足だと、内臓代謝の低下を招きます。

ランニングをしてもお腹が痩せにくくなるのです。

姿勢不良・ランニングフォーム不良

猫背のような姿勢で走っていると、腹圧がかからず、おなか回りの筋肉を使うことができません。

お腹の腹直筋はもちろん、腹斜筋や腹横筋といった横っ腹の筋肉やインナーマッスルの働きも低下します。

姿勢不良と走り方が悪いという問題は、軽視されがちですが。

ランニングでお腹が痩せないというケースで、非常によくあるパターンです。

仕事がデスクワークの人は、とくに気をつけましょう。

2:ランニングでお腹やせを成功させる方法

ズバリ、1で挙げたお腹が痩せない原因のカイゼンをおこなえばOKです。

順に解説しますね。

最低でも2ヵ月は継続して様子をみる

前述したとおり、人のカラダは、腕、足、顔といった末端部位から痩せていきます。

お腹、体幹部分が痩せるのは、その後なのです。

今、体重と体脂肪率が減ってきているのであれば、やっているダイエット方法は間違いではありません。

2ヵ月は続けて、様子をみましょう。

十分な睡眠をとる

8時間以上の睡眠が理想です。

もちろん、いうまでもなく、睡眠の質も大切です。

寝る30分前からはスマホを見ない(目に光を入れない)、電気を消して寝る(熟睡のため)、頭の近くにスマホをおいて寝ない(電磁波を避ける)などにも気を配る必要があります。

十分な睡眠をとることで、内臓代謝がドカンとUPします。

お腹の脂肪が、グンと落ちやすくなりますよ。

姿勢のカイゼンと正しいランニングフォームで走る

ランニング前に、ストレッチポールで背筋を伸ばすストレッチをおこなうのがおすすめです。

たったこれだけで、意識しなくとも、背筋が伸びた良いフォームで走れるようになります。

背中の広背筋、脊柱起立筋、下部僧帽筋、菱形筋が働くことで、自然と腹圧もかかります。

腹圧が高まることで、お腹回りの筋肉が、正常に働くようになります。

自然と、お腹が凹むのです。

具体的には、走る際は、以下のポイントに気をつければオッケーです。

3:お腹ダイエットに腹筋は有効か?

有効ですが、腹筋だけでは、痩せるのに時間がかかります。

腹筋の筋肉は面積が小さいので、基礎代謝アップや脂肪燃焼への貢献度が低いからです。

腹筋に加えて、全身運動もおこないましょう。

「腹筋+ランニング」と今回のようにランニングを組み合わせるのも良し。

「腹筋+スクワット」と大筋群を鍛える筋トレと組み合わせるのも良し。

腹筋+全身運動で、お腹痩せはより確実になります。

すぐに、ウエストが細くなったのを実感できるようになりますよ。

4:まとめ

正しい方法と手順をふめば、ランニングでのお腹やせは叶います。

キツかったベルトが、ゆるゆるになります。

ビール飲み過ぎのポッコリお腹も、スッキリします。

腹筋が、見えるようになりますからね。

あなたも、アピールしたくなる、縦割れ腹筋が手に入りますよ。

お腹が凹むランニングのコツは、ココにも詳しく書いています。