のど飴は太る?ダイエット中は食べない方がいいのでしょうか?

こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

「ダイエット中は、のど飴は食べない方がいいでしょうか?」

「飴を使ったダイエットってアリなのかしら?」

そう疑問に思ったことはないでしょうか?

たしかに、甘さが抑えられているのど飴は、食べても太らないイメージがあると思います。

太るかどうかは、栄養成分をみれば一目瞭然です。

ここでは、のど飴は太るのかどうかについてお伝えいたします。

あなたも、のど飴を食べるとどうなるか知っておくことで、ダイエットがもっとうまくいくようになりますよ。

目次

1:【結論】のど飴は食べすぎると太る

2:ダイエット中にのど飴を食べるなら運動も併用しよう

3:まとめ

1:【結論】のど飴は食べすぎると太る

市販されているのど飴の栄養成分ですが、一般的に、

●1粒あたり
カロリー20kcal
脂質0~1g
炭水化物4~5g
タンパク質0~1g

くらいが相場になります。

ふつうの甘い飴玉と比べると、カロリーや炭水化物量がやや少なめになっています。

しかし!!!

だからといって、ダイエット中に食べるのは、基本的にはNGです。

この炭水化物の正体は、体内で脂肪に変わりやすいショ糖だからです。

フルーツ系ののど飴であれば、果糖も使われています。

ショ糖も果糖もどちらとも、体内では脂肪に変わってしまいます。

少量でも脂肪になるのは変わりないですから、ダイエット中には食べない方が良いというのが結論になります。

1日3~4個ならまだしも、1日10個など食べると激太りしてしまいます。

2:ダイエット中にのど飴を食べるなら運動も併用しよう

のど飴を食べるのでしたら、1日3~4個に抑えて、運動も併用しましょう。

のど飴3~4個程度の脂肪であれば、運動で十分に燃焼することができるからです。

運動する際も、体脂肪を効率的に燃焼できる有酸素運動を選択しましょう。

ランニング、ジョギング、スイミング、などですね。

すると、より効率良く、のど飴を食べた分をリセットすることができます。

3:まとめ

ダイエット中は、カロリーや糖質が少なめののど飴であっても、食べない方が無難です。

もしのど飴を食べる場合も、運動を併用しましょう。

これで、怖いものは何もなくなります。

仕事で行き詰まったときのリフレッシュになるのも、飴玉。

毎日一生懸命頑張っているOLさんには、欠かせないですよね。

もう、大丈夫です。

今日から、のど飴と、上手に付き合ってくださいね。

ダイエット中ののど飴については、こちらでも詳しく解説しています。