【ペアパーソナルトレーニング】2人一緒にダイエット習い事メニュー、弊社提携ジムでも実施可能となりました。詳しいご説明はこちら

ダイエットの運動・ふくらはぎが太くならないウォーキングのやり方

こんばんは。八幡(はちまん)武人です。

「ウォーキングしたいけど、ふくらはぎが太くなるのはイヤ!」

女性なら、誰しもがそう思いますよね。

そこで今回は、ウォーキングダイエットを成功に導くポイントをお伝えいたします。

これを守るだけで、ふくらはぎが、太くなるのを防げます。

あなたも、キレイな、ほっそり脚になれますよ。

目次

1:ふくらはぎが太くならないウォーキングのやり方

2:ふくらはぎが太くなるのを防ぐウォーキング前にやるべきこと

3:まとめ

1:ふくらはぎが太くならないウォーキングのやり方

ふくらはぎが太くならないウォーキングのポイントは、以下の3つになります。

・足はかかとからつく
・大股で歩く
・骨盤を前傾させて歩く

上記3つを守ることで、ふくらはぎが太くなるのを防げます。

それぞれの理由を、解説しますね。

足はかかとからつく

まず、足をかかとからつくというのが、最重要です。

かかとから入ることで、神経伝達が起き、お尻の筋肉が活性化するからです。

ふくらはぎよりも、お尻の筋肉が優先して、使われるようになります。

ウォーキングで、ふくらはぎが筋肉でムキムキになるのを防げます。

大股で歩く

大股で歩くのも、お尻や太ももの筋肉を使いやすくする狙いがあります。

歩幅を広げることで、股関節周りの筋肉が活性化します。

お尻の大殿筋やもも裏のハムストリングスの筋出力が上がります。

ふくらはぎにかかる負担を、大幅に軽減できるのです。

骨盤を前傾させて歩く

骨盤を立てて、姿勢を正して歩くという意味です。

猫背のように悪い姿勢で歩くと、下半身の末端部分に負荷かかかります。

ふくらはぎが太くなるのはもちろん。

足裏がつったり、足のケガにもつながります。

骨盤を立てることで、下半身の筋肉が、全てまんべんなく働くようになります。

下半身が、痩せやすくなりますよ。



2:ふくらはぎが太くなるのを防ぐウォーキング前にやるべきこと

・厚底シューズを避ける
・お尻の筋トレをおこなう

上記2つに気をつけましょう。

それぞれの理由について、詳しくお話ししますね。

厚底シューズを避ける

つま先に重心がかかると、ふくらはぎに負荷がかかってしまうからです。

厚底シューズは、踵の部分が厚く、つま先にかけて薄くなる設計になっています。

初心者が履くと、ふくらはぎの筋肉を過度に刺激して、ムキムキのふくらはぎへ一直線。

気をつけましょう。

ちなみに、ハイヒールを履くとふくらはぎが太くなると言われますが、それも同じ理由(つま先に重心がかかるから)です。

お尻の筋トレをおこなう

運動前のウォーミングアップでは、ヒップリフトなどのエクササイズをおこなって、お尻の大殿筋を刺激しておきましょう。

下半身の中で一番パワーの強いお尻の筋肉を刺激することで、ウォーキング中、お尻の筋肉がメインで働くようになります。

太ももやふくらはぎにかかる負担を、かるくしてくれるのです。

裏ワザ的な手法ですが、かなり効果抜群です。



3:まとめ

ほんのちょっと気を配るだけで、ウォーキングでふくらはぎが太くなるのを防げます。

安心して、運動できるようになります。

足が、どんどん細くなります。

太ももも、ドカンと一気にサイズダウン♪

あなたも、モデルさんみたいな美脚になれるのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらにもダイエット方法をたくさん書いています。

あなたのダイエット成功を、心より応援しています。