新年あけましておめでとうございます。1月4日(月)より営業開始です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
オンラインパーソナルトレーニングも実施中!

筋肉痛にならないと筋トレしてる効果ないですか?



こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

今回は、ダイエットの筋トレについてです。

筋トレで筋肉痛にならないと、効果がないの?って、不安に思いますよね。

実際のところ、どうなのか。

知っておくと、より効率的に、筋トレがおこなえます。

確実に、ボディメイクに成功できるようになりますよ。

目次

1:筋トレで筋肉痛にならないと効果がない=意味ないわけではない

2:運動初心者で筋肉痛がこない場合は、やり方が間違っている可能性が高い

3:まとめ

1:筋トレで筋肉痛にならないと効果がない=意味ないわけではない

筋トレで筋肉痛にならないと効果がないのかというと、そんなことはありません。

筋肉痛がこない=負荷がかるいということになりますが、多少なりとも効果は得られます。

筋肉痛がこない場合は、無酸素運動というよりも、有酸素運動に近い状態になっているというわけですね。

2:運動初心者で筋肉痛がこない場合は、やり方が間違っている可能性が高い

筋トレに慣れている人であれば、筋肉が高負荷にも適応していて、激しい筋トレをおこなっても、筋肉痛がうすい場合があります。

しかし、運動初心者の場合は、激しい筋トレをおこなうと、ほぼ確実に強い筋肉痛に見舞われます。

運動初心者で筋肉痛がこない場合には、筋トレが弱すぎるか、フォームが間違っている可能性が高いとみてほぼ間違いありません。

重量設定、回数、休息時間、セット数、フォームなどを見直して、筋トレをすすめていきましょう。

3:まとめ

筋トレは、やり方が正しければ、確実に結果が出ます。

スクワットで、太ももが太くなることもありません。

適切な重量設定、回数、セット数で実施すれば、大丈夫です。

やればやるほど、脚が細くなります。

ウエストも、絞れます。

あなたも、モデルさんみたいな、美しいカラダになれますからね。

ダイエットの筋トレについては、ココでも詳しく解説しています。