有酸素運動と筋トレはどっちが先!?ダイエット効果を最大に高める順番とは?

おはようございます。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

ダイエットのためにスポーツジムに通っていると、ランニングマシンと筋トレマシン、どれから先にやろうか迷いますよね。

「有酸素運動が先がいいの?」

「筋トレが先がいいの?」

運動生理学的な知識がなければ、たいていの場合、迷ってしまいます。

でも、ワークアウトの目標があるなら、運動の順番は非常に大切です。

ダイエットに最適な運動の順番を知っておきましょう。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動の効果が、最大に高まります。

筋トレの成果が、結果にしっかり反映されるようになります。

あなたも、もっと簡単に、確実に、ダイエットに成功できるようになるのです。

目次

1:【筋トレ→有酸素運動】がダイエット効果を高める正しい順番

2:筋トレでは体幹部の大筋群を鍛えるのがおすすめ

3:まとめ

1:【筋トレ→有酸素運動】がダイエット効果を高める正しい順番

筋トレを先にすべき理由は、有酸素運動時に動員される筋繊維の数を増やしたいからです。

働く筋繊維の数が多ければ多いほど、体脂肪を燃焼できます。

筋トレで筋肉を刺激することによって、より多くの筋繊維が活動に動員されるようになります。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動の際、働く筋繊維の数が増えます。

たくさんの脂肪が、燃焼されるようになるというわけです。

ストレッチを取り入れる場合のストレッチの順番について

ストレッチ→筋トレ→有酸素運動が、正しい順番になります。

理由は、筋トレと同様で、有酸素運動時に活動する筋繊維の数を増やしたいからです。

そのため、有酸素運動の前におこなうストレッチは、ただ伸ばすだけの静的ストレッチではなく、動きながら伸ばす動的ストレッチがおすすめです。

2:筋トレでは体幹部の大筋群を鍛えるのがおすすめ

筋トレでは、お尻、太もも、お腹、背中など、体幹部の筋肉を鍛えるのが有効です。

ウォーキングやジョギングの際、末端部の小筋群に負荷が集中するのを防ぎたいからです。

体幹部の筋肉が働いていない状態でウォーキングやジョギングをおこなうと、末端部の筋肉に負荷が集中し、筋肉が太くなることがあるのです。

ジョギングでふくらはぎが太くなってしまった人は、そのパターンです。

有酸素運動の前に、お尻や太ももや体幹の大筋群を刺激しておくことで、ふくらはぎや二の腕など、末端のパーツが筋肉で太くなるのを防げます。

ウォーキングやジョギングをやればやるほど、脚が細くなります。

ふくらはぎも、ほっそり、美しくなりますよ。

3:まとめ

どうせやるなら、最大の結果が得られる方法で、運動をおこないたいですよね。

筋トレ→有酸素運動の順番を守るだけで、ダイエット効果が最大になります。

がんばった成果が、しっかり結果に反映されるようになりますよ。

体重も、みるみる落ちます。

体脂肪も、しっかり減ります。

あなたも、見た目が、女性らしく華奢で細身になりますからね。

ダイエットの有酸素運動と筋トレについては、ココでも詳しく解説しています。