【自転車はお腹ダイエットに効果アリ】いいこぎ方やライポジなどもお伝えします。



こんにちは。八幡(はちまん)武人です。

ダイエット成功事例掲載数・沖縄県No.1パーソナルトレーニングジムを運営しております。

通勤や通学で自転車を使う人は多いと思います。

そこで、誰もが一度は気にしたことがあるのが、

「自転車でお腹って痩せるの?」

ですよね。

だって、普段なにげなく利用している自転車でお腹が凹むのなら、これ以上うれしいことはないですから。

ココでは、自転車とお腹ダイエットの関係性について解説いたします。

【自転車はお腹ダイエットに効果アリ】いいこぎ方やライポジなどもお伝えします。

目次

1:自転車でお腹は凹みます。

2:お腹ダイエットに効果のある自転車のこぎ方

3:お腹ダイエットの効果が高まるライディングポジション・注意点を解説

4:まとめ

1:自転車でお腹は凹みます。

人のカラダは、手、足、体のどこかを動かす際、必ずお腹の腹横筋というインナーマッスルから出力を開始します。

立ち上がる時は、腹横筋→下半身の筋肉、という順番で筋肉に力が入り、立つという動作が完成します。

自転車をこぐときも、それと同じ。

ペダルを1回1回こぐたびに、腹横筋に刺激が入ります。

常時インナーマッスルのトレーニングをしているのと同じ状態になるわけです。

コレが、自転車がお腹痩せに効果がある理由です。

2:お腹ダイエットに効果のある自転車のこぎ方

大きな力を発揮しようとすればするほど、腹横筋の強い収縮が必要になります。

専門用語では、腹圧が入ると表現します。

なので、なるべく大きな力がかかるようなこぎ方がベストです。

上り坂のコースを選んで自転車をこいだり。

ギア比を変えて負荷を大きくしたり。

少しふんばるような負荷でこぐように心がけましょう。

3:お腹ダイエットの効果が高まるライディングポジション・注意点を解説

基本的には、ペダルに足をかけて立ち上がり、自然に腰を下ろしたところが適正なお尻の位置になります。

ここで気をつけたいのが、骨盤の角度と筋肉の左右アンバランスです。

例えば、骨盤の角度が過度に前傾しすぎていると、長時間自転車をこぐことが難しくなります。

サドル(座っているシート)に尾底骨が当たり(刺さる形になり)痛みが発生するからです。

この場合は、自転車に乗る前に骨盤の角度を調整しましょう。

骨盤後傾のエクササイズをやってみてください。

https://twitter.com/9byBzFwyE8Moinl/status/1232263711223500802

長時間自転車をこいでいて、

「右足だけが疲れる」
「左側の腰背部が痛い」

など左右いづれかに疲れや痛みを感じる場合には、骨盤のズレや回旋が生じている可能性が高いです。

腹筋群は左右均等にはりめぐされていますので、そうなると、適正にお腹の筋肉に刺激が入りません。

整体や整骨院に行って、骨盤を正しい位置に調整してもらいましょう。

骨盤の左右のねじれ、上下のズレが無い状態で自転車をこぐことで、広範囲の腹筋群を鍛えることが可能となります。

4:まとめ

自転車でお腹を凹ますことは可能です。

通勤、通学、サイクリング時に、今回の内容がお役に立てば幸いです。

PS

自転車で鍛えられるのは、主にお腹のインナーマッスルです。

全身の筋肉の総量からいくと、面積が小さいのですね。

自転車だけでお腹を痩せようとすると、時間がかかるというのは、最後にお伝えしておきます。

自転車に合わせて、その他の筋肉も鍛える全身運動もプラスすると、より早いお腹痩せの効果が期待できますよ。

お腹ダイエットの効果がUPする!全身運動のやり方についてはこちらで解説しています。