6月1日より営業再開!自宅でカンタンにモデルスタイル♪ビューティーダイエットプログラム発売中!

脚がほんとに太いんです…前、頑張って5キロほど痩せたのにほとんど変わりませんでした。

こんばんは。八幡(はちまん)武人です。

「脚がほんとに太いんです…前、頑張って5キロほど痩せたのにほとんど変わりませんでした」

ダイエットをしていると、こんなこと、ありますよね。

体重が落ちたのに、ボディサイズが、全く変わらないわけです。

その原因は、何なのか。

どうすれば、太もものサイズダウンが叶うのか。

それを、知っておきましょう。

ダイエットで、失敗することがなくなります。

あなたも、キレイな、ほっそり脚になれますよ。

目次

1:体重は落ちたのに脚が細くならない原因

2:体重減少と脚のサイズダウンの関係

3:まとめ

1:体重は落ちたのに脚が細くならない原因

体重が落ちたのに、ボディサイズが全く変わらない原因は一体何なのかというと、それはズバリ、体脂肪率が減っていないからです。

脚の脂肪が落ちていないので、太もものサイズが変わらないわけです。

考えてみれば、当然ですよね。

脚の脂肪が落ちていないので、太もものサイズが変わらないわけです。

2:体重減少と脚のサイズダウンの関係

「でもなんで体重は落ちたの?」

「体重が落ちれば脚も細くなるんじゃ・・・」

そう思うことでしょう。

なぜ、脚の脂肪が落ちていないのに体重が落ちたのかというと、筋肉が減ったからになります。

体重は、カラダの体積が減れば、落ちるわけです。

それが、筋肉であってもです。

つまり、脂肪ではなく、筋肉を落としたために、体重は減ったものの、ボディサイズが変わらなかったというわけです。

実はこれは、非常によくある現象です。

ダイエットにおいて、体重を落とすというのは、非常にカンタンな行為だからです。

運動量を増やしたり、食事量を減らせば、体重は落ちるからです。

しかし、それに比例して脂肪も落ちるかというと、全くの別問題です。

運動量を増やして、食事量を減らしても、脂肪が落ちないことだってよくあるわけです。

3:まとめ

具体的にどうすれば脂肪が落ちるかというと、個人個人によって対応策が異なりますので、お悩みの場合はご相談ください。

とりあえず、ダイエット中にやるべきこととしては、体重と体脂肪率、両方を必ずチェックしましょうということです。

体重に比例して体脂肪率も落ちていれば、オッケーです。

すると、脚のサイズダウンも叶います。

ダイエット成功後も、リバウンドしにくくなります。

あなたも、モデルさんみたいにキレイに引き締まった、美しい脚になりますからね。